シリコンバッグのお悩み解決法

  • 抜去のみ

    抜去のみ バランスチャート

    【問題点】

    シリコンバッグが入っている期間が長いほど、周囲の組織への影響も無視できません。具体的には、周囲の乳腺組織、皮下脂肪、肋骨などへの圧迫により、組織が薄くなってきます。また、皮膚組織も伸びて...

  • シリコンバッグ入れ替え

    シリコンバッグ入れ替え バランスチャート

    【問題点】

    拘縮がひどい場合、再度スペースを広げてシリコンバッグを入れ替えても大抵は良い経過を取りません。再手術は出血に伴う炎症が強く、かえってカプセル拘縮を促進する要因に...

  • ヒアルロン酸注入

    ヒアルロン酸注入 バランスチャート

    【問題点】

    ヒアルロン酸は体内に吸収される物質なので、持続効果は約1〜2年です。そのためヒアルロン酸注入による豊胸を維持する場合は定期的にヒアルロン酸を注入しなければなりません...

  • PPPジェル注入

    PPPジェル注入 バランスチャート

    【問題点】

    時間とともに吸収されなくなる。「皮膚再生・修復」効果をもたらさないため、持続期間が短い(最短で3ヶ月)と短いというデメリット...

  • 脂肪注入

    脂肪注入  バランスチャート

    【問題点】

    広告上のイメージに惑わされないようにしましょう。また、このような脂肪の注入は、石灰化(しこり)や脂肪壊死(組織が死んでしまうこと)といったリスクが...

  • 脂肪幹細胞注入

    脂肪幹細胞注入 バランスチャート

    【問題点】

    この方法の問題点は、幹細胞を抽出する際に脂肪細胞の半分を破棄するため、脂肪のロスが大きく、注入できる脂肪量が極端に減ってしまうという点です。したがって...

  • コンデンスリッチ豊胸

    コンデンスリッチ豊胸 バランスチャート

    【問題点】

    自分の脂肪を用いる方法ですので、採取する脂肪がない極端な痩せ型の方はこの手術を...

Dr.大橋がお悩みに100%お答えします
  • 無料ドクターメール相談
  • カウンセリング予約
Dr.大橋がお悩みに100%お答えします
  • 無料ドクターメール相談
  • 写メール相談
  • カウンセリング予約
  1. 心臓病でワーファリン服用中ですがバッグ抜去はできますか?NEW
    [
    • 種類によるリスク
    ]
    2017.04.26
  2. バッグ入れ替えの場合も術後は激痛なのでしょうか?NEW
    [
    • カプセル拘縮
    • 挿入年数によるリスク
    • シリコンバッグ入れ替え
    ]
    2017.04.17
  3. バッグ抜去と脂肪豊胸は術後の仕事はいつからできますか?
    [
    • 種類によるリスク
    • コンデンスリッチ豊胸
    • 変位・左右差
    • バッグの破損
    • 挿入年数によるリスク
    ]
    2017.04.08
  4. バッグ抜去は通院が必要ですか?
    [
    • 抜去のみ
    ]
    2017.03.31
  5. バッグ入れ替えをした場合乳がん検診は出来なくなりますか?
    [
    • 乳がん検診に行けない
    • 将来の不安
    • シリコンバッグ入れ替え
    ]
    2017.03.23