シリコンバッグのリスク

いくつかのバッグは、主に耐久性の面で品質が向上し、FDA(米国食品衛生局)認可も取得するようになりました。しかし、どんなにバッグの性状が進歩しても、拘縮や不自然さという問題は完全にはクリアされていません。
ここでは、シリコンバッグ豊胸のリスクについて詳しく説明します。

  • 挿入年数によるリスク

    挿入年数によるリスク

    手術をして10年もするとシリコンバッグの周りの皮膜(カプセル)にカルシウムが沈着して...
  • 種類によるリスク

    種類によるリスク

    バッグの種類はその内容物によって生理食塩水、液状シリコン、コヒーシブシリコン...
  • 手術法によるリスク

    手術法によるリスク

    手術法は年代によって主流が違います。1990年代前半までは乳腺下、その後大胸筋下が...
Dr.大橋がお悩みに100%お答えします
  • 無料ドクターメール相談
  • カウンセリング予約