お悩み相談集

17件中1〜10件を表示
  1. 1
  2. 2
  3. >

リップリング

  1. ご相談の症状からモンドール病(血栓性静脈炎)の可能性が考えられます。 シリコンは脇から除去したと思いますが、手術によりで肘から脇にかけての細い静脈に炎症がおきていることが原因です。 通常は経過観察で1...続きを読む
    []
    2014.07.15
  2. 生理食塩水バッグの場合、シリコンバッグに比べ、傷跡も短く抜去することができます。 もちろん乳房下縁からのアプローチも可能ですし、バッグが乳腺下に入っているようであれば、乳輪からのアプローチのほうが傷が...続きを読む
    []
    2013.10.19
  3. 症状からすると、恐らくカプセル拘縮を起こしていると思います。 バッグが長期間入っていると、筋肉や乳腺組織を圧迫しているため、バッグを抜去しただけではボリュームダウンや変形を起こし、最近的にショックを受...続きを読む
    []
    2016.05.21
  4. こんにちは。院長の長野です。5人も出産なさっているとはパワフルですね。順にお答えしていきますね。 傷に関して。 胸に近いところを切開されてしまうケースというのはよく散見します。確かに目立つ場所なので...続きを読む
    []
    2015.12.20
  5. 傷跡の修正につきましては、大きさや部位などによってもアドバイスが違ってきますので、見積もりには診察が必要ですね。お悩みでしたら一度ご来院ください。 右胸の違和感については、やはりバッグの除去が解決法に...続きを読む
    []
    2011.07.05
  6. 基本的に傷を増やさないように、以前の挿入口から抜去を行うのが原則です。抜去は、挿入と違いスペースを作る必要がないので、負担や痛みも少ないでしょう。 特別な処置は必要なく、家事やデスクワーク程度の動きで...続きを読む
    []
    2011.05.10
  7. 抜去するときの脇の傷は、バッグを入れた時と同じ傷を使いますから今と同じ傷が残るとお考えください。 新たに傷ができる事はありません。現在の傷が目立つようならオプションになりますが、きれいに修正も行えます...続きを読む
    []
    2015.07.01
  8. 脇の同じ傷跡から修正を兼ねて行うことができます。血流は経験上およその状態は診察で分かります。続きを読む
    []
    2011.05.30
  9. シリコンバッグ豊胸術後のトラブルでお悩みの方はとても多く、当院では毎日のように修正の手術を行っております。 バッグを取り出す場合、前回の傷からアプローチしますので、傷が増えることはありませんのでご安心...続きを読む
    []
    2016.05.08
  10. まずは診察をさせていただくのが良いでしょう。 シミ(アザ)のようなものの原因、現在のシリコンバッグの状態をエコー検査などでしっかりと診察した上でベストなご提案をさせていただくのがよいと思います。 是非...続きを読む
    []
    2015.03.16
17件中1〜10件を表示
  1. 1
  2. 2
  3. >