お悩み相談集

56件中1〜10件を表示
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. >
  7. 最後

リップリング

  1. 痛みの原因は、美容外科よりも一般病院での診察のほうが良いでしょう。破損など、バックの不具合が心配という事であれば、美容外科受診をお薦めします。 入れ替え手術は既にスペースがあるため痛みは軽度です。続きを読む
    []
    2017.04.17
  2. お辛い思いをされていらっしゃるようで、お気持ちお察しいたします。 シリコンバッグは時間とともに劣化し、また、周囲に被膜と呼ばれる組織ができて硬縮を起こしてきます。 当院ではシリコンバッグ抜去と同時にコ...続きを読む
    []
    2014.05.27
  3. 確かに以前は永久性があるとうたってアピールした美容外科も多かったです(バッグを提供するメーカーはそのように言っていました)。ただ、時代の流れとともに、バッグ自体が大きな問題ではないのですが、バッグを取...続きを読む
    []
    2011.11.22
  4. 一度拘縮を起こした場合は、バッグを入れ替えてもうまくいかないことが多いです。これだけ拘縮を繰り返しているのなら、取り出しをしないと解決しないケースでしょう。 ただ、取り出しをすると胸がしぼんしまいま...続きを読む
    []
    2011.05.28
  5. これまでの経過から再度カプセル拘縮をおこしていると考えられます。 残念ながらカプセル拘縮はバッグを抜去するしか方法がありません。 当院ではバッグの抜去と同時にご自身の脂肪を用いたコンデンスリッチ豊胸を...続きを読む
    []
    2016.12.22
  6. シリコンバッグによる豊胸の合併症としてカプセル拘縮があります。 これは、生体の反応として異物であるシリコンバッグの周りにカプセルを作り、乳房が硬くなったり痛みを引き起こす症状です。 痛みを感じてい...続きを読む
    []
    2012.05.04
  7. まずはこれ以上拘縮が強くならないようにバッグを取り出した方が良いでしょう。その際、採取する脂肪があればコンデンスリッチ豊胸も同時に可能です。石灰化もありそうですので、バッグのようにとても大きくとはいか...続きを読む
    []
    2011.08.20
  8. 癒着があっても脇からの抜去できると思います。 単純に抜去だけでは皮膚のたるみも心配されますので、同時にコンデンスリッチ豊胸で脂肪を注入するといいでしょう。当院では非常に依頼の多いケースで、たるみもほぼ...続きを読む
    []
    2011.05.11
  9. もしかすると、拘縮が進みバッグが破損して炎症が起きているのかもしれません。状態にもよりますが、症状があっても脇から取り出せることが多いです。あまりにも拘縮が進んでいる場合は乳房下から取り出すこともまれ...続きを読む
    []
    2015.03.21
  10. 生理食塩水バッグの場合、シリコンバッグに比べ、傷跡も短く抜去することができます。 もちろん乳房下縁からのアプローチも可能ですし、バッグが乳腺下に入っているようであれば、乳輪からのアプローチのほうが傷...続きを読む
    []
    2014.12.11
56件中1〜10件を表示
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. >
  7. 最後