1. 放っておく事のリスク
  2. 7年前にバッグを抜去しそれがコンプレックスになっています

お悩み相談集

7年前にバッグを抜去しそれがコンプレックスになっています

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については
現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。
  • 7年前にバッグを抜去しそれがコンプレックスになっていますの相談
    7.8年ほど前にシリコンバックを抜去しコンデンスリッチ手術を検討しています。手術を受けたことで、かえってコンプレックスになってしまいずっと悩んできました。他院のカウンセリングに行った際、脂肪が少ないため両足から採取し注入できるのは150cc位と言われました。(吸引方法はベイザーではありません。)
    こちらのHPでベイザー併用での施術を拝見しましたが、その場合どの位注入できるのでしょうか。できるだけ今と近い大きさでバレないように行いたいのです。また、ベイザーを併用した場合高温で溶かして取り出すために脂肪の質が落ち定着率が低くなると言われたのですがどうなのでしょうか。
  • 7年前にバッグを抜去しそれがコンプレックスになっていますの回答
    まず、ベイザーリポは高温で脂肪を溶かすのではなく、マイクロバブルを発生させ(キャビテーション効果)脂肪と脂肪の結合を弱くすることで、脂肪吸引をしやすくします。脂肪細胞自体を壊すことはありませんので、ベイザーで採取して脂肪はコンデンスリッチ豊胸に使えます。
    実際に診察してみないとどのくらいの量が採取できるかわかりませんが、ベイザーリポは従来の脂肪吸引よりも多くの脂肪が採取できます。バッグの大きさにもよりますが、脂肪が確保できれば片側250㏄程度のコンデンスリッチファットを注入することが可能です。
    まずは気軽にカウンセリングにお越しください。