1. 7つの解決法比較
  2. 乳腺下に入れている場合でもバッグ抜去と脂肪注入は同時にやった方が良いですか?

お悩み相談集

乳腺下に入れている場合でもバッグ抜去と脂肪注入は同時にやった方が良いですか?

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については
現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。
  • 
乳腺下に入れている場合でもバッグ抜去と脂肪注入は同時にやった方が良いですか?の相談
    みなさんの相談を読んでいたら、バッグの取り出しとコンデンスリッチは同時に行った方が良いという事ですが、乳腺下にバッグが入っている場合でも、取り出しと注入は同時に行った方が良いのでしょうか?
    あと、他院でバッグの取り出し手術をしてから、そちらでコンデンスリッチ豊胸をする場合、どのくらいの期間をおけばコンデンスリッチ豊胸ができますか?
  • 
乳腺下に入れている場合でもバッグ抜去と脂肪注入は同時にやった方が良いですか?の回答
    おっしゃる通り、取り出しとコンデンスリッチファットの注入は同時に行います。乳腺下の場合も、バッグを最小限のスリットから取り出し、そのカプセルを避けて周囲に確実にコンデンスリッチファットを注入していきます。同時に行う場合は、バッグの入っていたスペース(カプセル)を確認しながら、避けて注入できるからです。
    間をおいて行う場合は、3〜6ヵ月くらい間を空けて行う必要があります。間を空ける場合は、カプセルの位置がわからなくなりますので、スペースが塞がるのを待たなければならないためです。
    出来れば、バッグの取り出しと注入は同時にさせていただいた方が良いでしょう。