1. お悩みと症状
  2. バッグ抜去のときには、傷が大きく残りますか?

お悩み相談集

バッグ抜去のときには、傷が大きく残りますか?

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については
現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。
  • バッグ抜去のときには、傷が大きく残りますか?の相談
    あまりの胸の小ささ(Aカップ)に悩み、9年前にシリコンバッグをいれました。しかし、カプセル拘縮があり抜去を考えています。施術したクリニックで聞いたところ、腋窩の同じ場所から取るより胸下2センチほど切開し、そこから取った方があとの痛みが少なく引き攣れもないとのこと。
    Dr.に取っても視野が広く取るのが簡単と。
    しかし傷がまともに見えてしまいます。腋窩の同じところから抜去し痛みも挿入より軽いというサイトの書き込みもありました。本当のところは、どうなんでしょうか?教えてください。
  • バッグ抜去のときには、傷が大きく残りますか?の回答
    当院ではシリコンバッグ抜去は極力、腋の同じ傷から行っています。
    胸の下を切開する方が手術する側としては簡単なので、そちらを勧めるクリニックが多いようですがやはり傷が目立つため術後気にする方が多いようです。
    抜去後の痛みや引き攣れもそれほど強いものではなく、必ず時間と共に改善します。
    また、シリコンバッグの抜去をすると、入れる前の状態に戻るわけではありません。
    皮膚がたるんで、ろっ骨も変形している場合が多いので、抜去だけでは胸の状態にショックを受けられる方が多いです。
    なので当院ではバッグ取り出しと同時のコンデンスリッチ豊胸を数多く行っており、この分野では症例数も日本一です。
    もしご興味があればカウンセリング時にそちらも説明させて頂きます。
    一度お気軽にご来院下さい。