1. 7つの解決法比較
  2. 古いバッグは抜去しにくいですか?

お悩み相談集

古いバッグは抜去しにくいですか?

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については
現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。
  • 古いバッグは抜去しにくいですか?の相談
    出産前にHカップあった胸が授乳後は垂れてしまい、12年前にコヒーシブシリコンを入れました。形は良いほうだとはと思いますが、硬くゴリゴリしていて不自然です。
    年数が経っていますが抜去できますか?大丈夫でしょうか?この不自然な硬さから解放されたいです。
  • 古いバッグは抜去しにくいですか?の回答
    皆さん、バッグ抜去は形や触感の不自然さ、異物が入っていることでの精神的苦痛、将来への不安などが原因の事が多いです。
    状態をうかがうと、カプセル拘縮(被膜の石灰化の可能性もあり)の状態だと思われます。シリコンバックは長期間放置しておくと、カプセル拘縮や破損のリスクが高まるため、10年をめどに抜去か入れ替えをするのが一般的です。
    年数がたっていても抜去はもちろん可能です。
    ただ、シリコンバックを長期間入れておくと、周囲の組織(乳腺、大胸筋、肋骨など)を圧迫して萎縮させてしまうため、抜去した場合には元の胸よりもさらに萎んだ状態の胸になっています。抜去後に同時(同日)にコンデンスリッチ豊胸を行う事によりボリュームを保つ事は出来ます。
    仕上がりの自然さに皆様とても満足なさっています。
    是非、一度気軽にカウンセリングにいらしてみてください。
    実際の状態をみて、ベストなアドバイスをさせて頂きます。