1. 7つの解決法比較
  2. シリコンバッグ抜去と同時に血小板注入をするというのはどうなのでしょうか?

お悩み相談集

シリコンバッグ抜去と同時に血小板注入をするというのはどうなのでしょうか?

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については
現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。
  • シリコンバッグ抜去と同時に血小板注入をするというのはどうなのでしょうか?の相談
    シリコンバックの抜去を考えており、他院でカウンセリングを受けたところ、抜去と同時に、血小板の注入を進められましたが、術後に差が出ますか?
    一般的なことでしょうか?
    どうしようかまよっていますので、アドバイスお願いします。
  • シリコンバッグ抜去と同時に血小板注入をするというのはどうなのでしょうか?の回答
    確かに脂肪注入と同時に、血小板の注入をしている施設もあります。
    私達の経験(コンデンスリッチ豊胸は日本一の症例です)、多数の学会での発表や、論文のデータ等から総合的に判断した場合、費用対効果が非常に少ないという結論に至っています。
    これに対して、最もお勧めできる方法としてコンデンスリッチによる豊胸手術があります。
    特にバッグ摘出と同時手術の場合、定着率が高くないといけませんので、当院では全例、このコンデンスリッチ豊胸で脂肪注入を行っています。
    この方法は、脂肪吸引によって採取した脂肪をウエイトフィルターという特殊な装置でコンデンス(凝縮)処理し、健全な脂肪と脂肪幹細胞を多く含み、不要物を除去した方法です。よって定着率がとても高く、石灰化や脂肪壊死といった、脂肪注入特有の合併症を防げます。
    なお、バッグ取り出しと同時の脂肪注入は比較的手技が難しく、経験が未熟ですと高い確率で脂肪壊死や、大きなしこり等のトラブルが多い手術です。
    当クリニックは、このコンデンスリッチ豊胸の症例数が日本一で、他院のバッグの取り出しと同時手術もとても多く、最近では3〜4人に1人はバッグの抜去と同時手術です。まずは気軽にカウンセリングにいらっしゃってはいかがでしょうか。状態を診てベストのアドバイスをいたします。