1. お悩みと症状
  2. シリコンバッグを入れていて力を入れると鈍い痛みがあります

お悩み相談集

シリコンバッグを入れていて力を入れると鈍い痛みがあります

※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については
現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。
  • シリコンバッグを入れていて力を入れると鈍い痛みがありますの相談
    2010年8月にバック豊胸をして、9月に取り出して脂肪注入をしたのですが、2011年10月頃から残っていたもののカプセル拘縮なのか、乳腺上や周りに(脇寄り)触ってわかる被膜のような固いものがあり、脇に力を入れると、乳房全体がぎゅーっと握られるような鈍い痛みがあります。
    あとは一箇所しこりも触ってわかります。
    バックを入れていたのが大胸筋下だったので、両手を合わせてぎゅっとすると胸がもりっとしてバックが入っていた時のような締め付けた感じがあります。
    心配でオペしたところで言ったところ、バックを入れていた人は固くなりやすいです。定期的に乳がん検診を受けてくださいと言われました。
    検診は行きましたが、のう胞が数多くあるとの診断でした。
    もうバックは入ってないけれど、乳腺周辺のカプセルやしこりを摘出することはできますか?
    切開はまた脇の傷からするのか、乳輪からできるのか、もしまた脂肪注入をするとしたら、期間をあけると癒着してしまうのかなど、いろいろ考えてしまって、どこに相談していいかわからず困っています。
  • シリコンバッグを入れていて力を入れると鈍い痛みがありますの回答
    バストに力を入れて盛り上がるのは大胸筋下にシリコンバッグを挿入したケースでよく見られます。
    シリコンバッグが大胸筋下に入っていた場合は、大胸筋下に被膜ができるはずです。
    乳腺上や周りに固い組織があるとのことですが、被膜のあった場所の組織の癒着や、脂肪注入による脂肪壊死、石灰化、のう胞などが考えられます。
    当クリニックでは最新のエコー検査で状態を診断して治療方針を決定します。
    原因によって対処方法が変わってきます。カプセルやしこりの摘出も可能ですが、摘出しなくても治療できる場合もあります。
    処置の方法により乳輪か脇の傷か違ってきますので実際に診察させていただくとベストなアドバイスが出来ます。
    また、当クリニックではご自分の脂肪を用いた最新のコンデンスリッチ豊胸を行っていますので状態により治療と同日に脂肪注入も可能です。