豊胸手術で周辺組織が薄くなると、シリコンバッグプロテーゼ除去後にトラブルも。

シリコンバッグ豊胸20のトラブルTOP>周囲組織が薄くなる

周囲組織が薄くなる

挿入して時間が経つほど起きやすい

周囲組織が薄くなる シリコンバッグを入れて時間が経てば経つほど、周囲の組織が圧迫され、組織が薄くなってきます。
皮下脂肪、乳腺組織、そして肋骨まで薄くなってきます。
バッグを取り出した時にバストが以前より小さくなって、その部位が陥凹するのはこのためです。

放置しておくと…

徐々に進むので自覚症状はないですが、取り出してから初めて分かります。
レントゲンでは、肋骨の非博化が見られます。

なりやすい方

! バッグのサイズが大きく、周囲組織を圧迫しているケースの方
通常時 周囲の組織が圧迫され組織が薄くなる
通常時 周囲の組織が圧迫され組織が薄くなる

バッグの破損


お問い合せ


新治療の相談窓口

このページのトップへ



シリコンバッグ

豊胸シリコントラブル110番 無料解決PROJECT開始!

ヒアルロン酸豊胸トラブルでお悩みの方へ

シリコンバッグの不安を解消 豊胸バッグ&乳腺のエコー検診

アクアフィリング(アクアリフト)豊胸 その真実をご存知ですか?

シリコンバッグ | 豊胸 | シリコンバッグ抜去

Copyright © 2017
豊胸シリコンバッグ20のトラブル徹底解析
THE CLINIC All Rights Reserved.