シリコンバッグプロテーゼ除去後のPPPジェル注入で豊胸手術のトラブル解決。

シリコンバッグ豊胸20のトラブルTOP>PPPジェル注入(PPPジェル豊胸)

PPPジェル注入

PPPジェル注入

サイズ ★★☆☆☆ 2
持続効果 ★☆☆☆☆ 1
安全性 ★★★★★ 5
費用の安さ ★★★★☆ 4
ダウンタイムが短い ★★★★☆ 4

技術について

自分自身の血液を遠心分離して抽出したPPP(少血小板血しょう)を加熱処理し、フィラー(注入材)として生成したものです。
ヒアルロン酸と同様に吸収性で、極端にやせ型で脂肪が十分取れないケースで選択されます。
プラズマジェルやプラズマフィラーと呼ばれることもあります。

問題点

時間とともに吸収されなくなる。「皮膚再生・修復」効果をもたらさないため、持続期間が短い(最短で3 ヶ月)と短いというデメリットがあります。多少、痛みを伴う方もいます。

ヒアルロン酸注入後の修正

適切な加湿処理が行なわれていない場合、抗原性が充分抜去できず、アレルギーなどの望ましくない反応を引き起こす可能性があります。また、多量注入よりしこりなどを生じることがあります。

PPPができ上がるまでの流れ
採血
自分の血液を採血します。
採血
遠心分離機
遠心分離機にかけます。
遠心分離機
血しょうのみを抽出
血しょうと血球に分離され、血しょうのみを抽出します。
血しょうのみを抽出

加熱処理
専用の機器で加熱処理

冷却(クーリング)
加熱処理後冷却(クーリング)します。
加熱処理 冷却(クーリング)
PPPジェル完成 PPPジェル完成

血しょう

遠心分離機にかけ血しょうのみを摘出させたもの。

血しょう
PPPジェル

加熱処理でジェル状になる。
卵の白身のような状態に変化。

PPPジェル
メリット
痩せ型の人でも可能
人工物を使わない安心感
デメリット
時間とともに吸収されなくなる
採血が必要
繰り返しの施術が必要

脂肪注入


お問い合せ


新治療の相談窓口

このページのトップへ



シリコンバッグ

豊胸シリコントラブル110番 無料解決PROJECT開始!

ヒアルロン酸豊胸トラブルでお悩みの方へ

シリコンバッグの不安を解消 豊胸バッグ&乳腺のエコー検診

アクアフィリング(アクアリフト)豊胸 その真実をご存知ですか?

シリコンバッグ | 豊胸 | シリコンバッグ抜去

Copyright © 2017
豊胸シリコンバッグ20のトラブル徹底解析
THE CLINIC All Rights Reserved.