豊胸手術のリスク、シリコンバッグプロテーゼを長く挿入する危険性。

シリコンバッグ豊胸20のトラブルTOP>挿入年数によるリスク

挿入年数によるリスク

石灰化について

手術をして10年もするとシリコンバッグの周りの皮膜(カプセル)にカルシウムが沈着してきます。これを石灰化といいます。

シリコンバッグの周りの皮膜(カプセル)周囲では、程度の差はあれ微小な炎症が続いています。炎症部の周辺はアルカリ性になりますので、ここに体液中に含まれるカルシウムが、結晶となり沈着してきます。
微小な石灰化は、手術を受けていない女性でも約4%の人にみられるといいます。シリコンバッグの炎症は繰り返し続いていますので、長い年月のうちにはほとんどの方に卵の殻のようなカルシウムの沈着が起こってきます。

老朽化が進むと…

ひどくなるとこれが原因でシリコンバッグの老朽化が進み破損の原因になったりします。実際にバッグを長く入れていた方の取り出しをすると、皮膜にびっしり石灰化が起こっています。
こうなるとこれを完全に除去することは困難です。

挿入年数によるリスク
引き起こす症状

種類によるリスク


お問い合せ


新治療の相談窓口

このページのトップへ



シリコンバッグ

豊胸シリコントラブル110番 無料解決PROJECT開始!

ヒアルロン酸豊胸トラブルでお悩みの方へ

シリコンバッグの不安を解消 豊胸バッグ&乳腺のエコー検診

アクアフィリング(アクアリフト)豊胸 その真実をご存知ですか?

シリコンバッグ | 豊胸 | シリコンバッグ抜去

Copyright © 2017
豊胸シリコンバッグ20のトラブル徹底解析
THE CLINIC All Rights Reserved.