豊胸手術に用いるシリコンバッグプロテーゼの種類によるリスク・危険性。

シリコンバッグ豊胸20のトラブルTOP>種類によるリスク

種類によるリスク種

バッグの種類について

バッグの種類はその内容物によって生理食塩水、液状シリコン、コヒーシブシリコン、その他(CMC、ムコ多糖類など)に分類されます。
さらに、表面の性状でつるつるのもの(スムースタイプ)、ざらざらのもの(テクスチャードタイプ)、バックの形状によりラウンドタイプ(お椀型)、アナトミカルタイプ(涙型)などに分かれます。
これらはクリニックやドクターによっても勧められるものが違いますが、あなたが手術をされた年代によってもメインで使用されるものが変遷しています。

<種類>

種類

<質感>

質感

<バッグの形状>

バッグの形状

種類によるリスク


お問い合せ


新治療の相談窓口

このページのトップへ



シリコンバッグ

豊胸シリコントラブル110番 無料解決PROJECT開始!

ヒアルロン酸豊胸トラブルでお悩みの方へ

シリコンバッグの不安を解消 豊胸バッグ&乳腺のエコー検診

アクアフィリング(アクアリフト)豊胸 その真実をご存知ですか?

シリコンバッグ | 豊胸 | シリコンバッグ抜去

Copyright © 2017
豊胸シリコンバッグ20のトラブル徹底解析
THE CLINIC All Rights Reserved.