シリコンバッグのトラブル【徹底解説】

シリコンバッグ豊胸20のトラブル>シリコンバッグ豊胸Q&A>手術法によるリスク>2年前に脂肪注入で豊胸しましたがこれから起こり得るリスクはありますか?

お悩み相談集

Q 2年前に脂肪注入で豊胸しましたがこれから起こり得るリスクはありますか?

2011.07.02


※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

相談

2年前にCAL組織増大の脂肪注入豊胸手術を施しました。

2年経った今、定着しなかたまった脂肪などが壊死することはありますか?また壊死したらどのような症状がでますか?

数年たった後で起こり得る弊害(感染症やがん)を教えてください。

毎日毎日不安で夜も眠れません。

回答

感染や壊死のリスクは、最初の1ヵ月程度までですので、2年経過して壊死などといった心配は無いでしょう。

時間が経って起こるとしたら、しこりや石灰化です。

癌は脂肪組織からは発生しません。いずれにしても、今起きていないことであまり心配しなくて良いと思いますよ。

関連キーワード

無料ドクターメール相談
上記に関連するお悩み
手術法によるリスク(47) Q シリコンを抜いてコンデンスしたいのですが脂肪吸引の痛みが不安です

Q 1週間前にバッグの入替を行ったのですが大きすぎて違和感があります

Q シリコンを抜去したのに乳腺外来でシリコンが残っていると言われました
脂肪幹細胞注入(7) Q CAL豊胸術というのを見ましたが脂肪注入法と何が違うのですか?

Q シリコンを入れて9年、硬いのが気になりつつ今に至ります

Q シリコンが入っており脂肪に入れ替える場合は血小板注入も必要と他院で言われました
お悩み相談集メニュー
お悩みと症状お悩みと症状
放っておく事のリスク放っておく事のリスク
7つの解決法比較7つの解決法比較

検索回数の多いキーワード

バッグ 手術 脂肪 背中 シリコン 抜去 妊娠中 豊胸 膠原病

お問い合せ


新治療の相談窓口

このページのトップへ



シリコンバッグ

豊胸シリコントラブル110番 無料解決PROJECT開始!

ヒアルロン酸豊胸トラブルでお悩みの方へ

シリコンバッグの不安を解消 豊胸バッグ&乳腺のエコー検診

アクアフィリング(アクアリフト)豊胸 その真実をご存知ですか?

シリコンバッグ | 豊胸 | シリコンバッグ抜去

Copyright © 2017
豊胸シリコンバッグ20のトラブル徹底解析
THE CLINIC All Rights Reserved.