シリコンバッグのトラブル【徹底解説】

シリコンバッグ豊胸20のトラブルTOP>シリコンバッグ豊胸お悩み相談集>相談・回答>シリコンを入れたせいか肩凝りがひどく抜去を考えています

お悩み相談集

Q シリコンを入れたせいか肩凝りがひどく抜去を考えています

2011.06.27


※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

相談

2年ほど前にシリコンバッグを乳腺下に入れてました。200ccという重みのせいか、肩がこわばり今では肩こりと言える状況ではなくなり身体のあちこちに影響が出ている為、コンデンスリッチ豊胸を利用したいのですが治す手順がわからないので教えて下さい。整形外科にも行ってますが効果を得られないのでやはり先にバッグ抜去をしたいと思っています。

回答

そうですか。確かにバッグを抜いて肩こりが治ればいいですね。もちろんバッグ(胸)の重みは多少なりとも肩こりに影響すると考えます。肩こりを治すのが目的でしたら同時に行わない方が良いでしょうね。

ただ、実際バッグだけを抜くと、急に胸が小さくなるものですから、その状態を見てかなりショックをお受けになられる方が多いです。よって最近ではコンデンスリッチ豊胸という生着率の高い脂肪注入法でバッグを抜くと同時になさる方も多いのは事実です。通常、バッグ抜去と同時でない場合は、抜いた後3ヵ月以上経ってから手術を行います。 これはバッグの入っていたスペースに注入脂肪が流れ込まないようにするためです。同時の場合は確認出来るのですが、同時でない場合はその事が確認できないため、バッグが入っていたスペースの閉鎖を待って(つまり3ヶ月以上経って)コンデンスリッチ豊胸を行います。

関連キーワード

無料ドクターメール相談
上記に関連するお悩み
体に合っていない(20) Q 豊胸をしましたが何が入っているか把握していません

Q バッグごと胸が垂れてしまうのですが、これは体質なんでしょうか?

Q バッグの取り出しを乳房下からした場合、傷跡は綺麗になりますか?
挿入年数によるリスク(217) Q 18年前にいれた生理食塩水バッグは入れたままにしておいても良いでしょうか?

Q 3回シリコンの入れ替えをしてまた拘縮してきた気がします

Q 膠原病の持病がありますがコンデンスリッチ豊胸は受けられますか?
お悩み相談集メニュー
お悩みと症状お悩みと症状
放っておく事のリスク放っておく事のリスク
7つの解決法比較7つの解決法比較

検索回数の多いキーワード

豊胸 乳がん検診 大阪 手術 脂肪の定着 術後 バッグ 抜去 麻酔

お問い合せ


新治療の相談窓口

このページのトップへ



シリコンバッグ

豊胸シリコントラブル110番 無料解決PROJECT開始!

ヒアルロン酸豊胸トラブルでお悩みの方へ

シリコンバッグの不安を解消 豊胸バッグ&乳腺のエコー検診

アクアフィリング(アクアリフト)豊胸 その真実をご存知ですか?

シリコンバッグ | 豊胸 | シリコンバッグ抜去

Copyright © 2017
豊胸シリコンバッグ20のトラブル徹底解析
THE CLINIC All Rights Reserved.