シリコンバッグのトラブル【徹底解説】

シリコンバッグ豊胸20のトラブルTOP>シリコンバッグ豊胸お悩み相談集>相談・回答>シリコンを入れて9年、硬いのが気になりつつ今に至ります

お悩み相談集

Q シリコンを入れて9年、硬いのが気になりつつ今に至ります

2017.03.01


※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

相談

他院にてシリコンバッグを挿入し、9年になります。当初から左胸はシコリが残り硬かったのですが、そのうち柔らかくなるのでは?と期待しつつ仕事に追われ、あっという間に9年という年月が過ぎてしまいました。まだ無料取出しの保証期間内ですが、バッグ取出し後脂肪注入の場合は同じ先生のが良いと書いてありましたので、バッグ抜去&定着の良い最善な方法コンデンスリッチ豊胸・ベイザー脂肪吸引(セリューションとの違いがわかりませんが)をお願い致したくメールを差し上げました。 それと、遺伝で乳頭が黒く大きいので乳頭を小さく美白する手術も考えておりますが、同時に行うのと、分けるのとどちらがよろしいでしょうか?

回答

医学的に考えると(私が先月発表した論文にも著しています)、抜去と同時注入の手術の方が、しこりになる確率が低く、定着率の意味でも、最も皮膚が伸展されていた直後の注入(=同時手術)が有利です。

なお、セリューションとの違いですが、簡単に言うと、脂肪を大切に使い、脂肪幹細胞の分離に薬を使わない、というのがコンデンスリッチファットの魅力です。

ただし、この手術で、最も大切なのは脂肪の処理の仕方ではなく、手術手技、注入技術です。

お陰様で、バッグ取出しと同時の脂肪(CRF)注入手術は日本一の症例数です。おそらくですが世界一でしょう。(少なくとも医学文献上は当院が世界で最も多いです)

エコーでバッグの状態を診て、また、脂肪採取も一番ラインがキレイになるように、ベストの提案をいたします。

関連キーワード

無料ドクターメール相談
上記に関連するお悩み
硬い(カプセル拘縮)(118) Q 茨城のクリニックでバッグを入れましたが硬くなり入替もしています

Q 昔受けた豊胸バッグのせいで乳がん検診も健康診断も行けず将来が不安でなりません

Q 9年前にバッグを入れ3ヵ月前から左胸に異変があります
挿入年数によるリスク(214) Q 生理食塩水バッグを入れた為乳がん検診を受けれずにいます

Q シリコンバッグを入れた時は痛みで動けませんでしたが抜去も痛いですか?

Q 10年以上前にシリコンを入れて乳がん検診にもいけず悩んできました
脂肪幹細胞注入(7) Q CAL豊胸術というのを見ましたが脂肪注入法と何が違うのですか?

Q 京都在住、セリューションと比較検討中ですがどうでしょうか?

Q 2年前に脂肪注入で豊胸しましたがこれから起こり得るリスクはありますか?
コンデンスリッチ豊胸(189) Q 片側だけシリコンが入っていますが入れ替えは出来ますか?

Q バッグの入れ替えを東京で受ける場合院長先生がやってくださいますか?

Q 片側だけシリコンが入っていますが入れ替えは出来ますか?
お悩み相談集メニュー
お悩みと症状お悩みと症状
放っておく事のリスク放っておく事のリスク
7つの解決法比較7つの解決法比較

検索回数の多いキーワード

バッグ入れ替え 手術 コンデンスリッチ 抜去 ベイザー脂肪吸引 生理食塩水 ザ・クリニック 大阪

お問い合せ


新治療の相談窓口

このページのトップへ



シリコンバッグ

豊胸シリコントラブル110番 無料解決PROJECT開始!

ヒアルロン酸豊胸トラブルでお悩みの方へ

シリコンバッグの不安を解消 豊胸バッグ&乳腺のエコー検診

シリコンバッグ | 豊胸 | シリコンバッグ抜去

Copyright © 2017
豊胸シリコンバッグ20のトラブル徹底解析
THE CLINIC All Rights Reserved.