シリコンバッグのトラブル【徹底解説】

シリコンバッグ豊胸20のトラブル>シリコンバッグ豊胸Q&A>コンデンスリッチ豊胸> 乳腺下に入れている場合でもバッグ抜去と脂肪注入は同時にやった方が良いですか?

お悩み相談集

Q 乳腺下に入れている場合でもバッグ抜去と脂肪注入は同時にやった方が良いですか?

2011.06.13


※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

相談

みなさんの相談を読んでいたら、バッグの取り出しとコンデンスリッチは同時に行った方が良いという事ですが、乳腺下にバッグが入っている場合でも、取り出しと注入は同時に行った方が良いのでしょうか?

あと、他院でバッグの取り出し手術をしてから、そちらでコンデンスリッチ豊胸をする場合、どのくらいの期間をおけばコンデンスリッチ豊胸ができますか?

回答

おっしゃる通り、取り出しとコンデンスリッチファットの注入は同時に行います。乳腺下の場合も、バッグを最小限のスリットから取り出し、そのカプセルを避けて周囲に確実にコンデンスリッチファットを注入していきます。同時に行う場合は、バッグの入っていたスペース(カプセル)を確認しながら、避けて注入できるからです。

間をおいて行う場合は、3〜6ヵ月くらい間を空けて行う必要があります。間を空ける場合は、カプセルの位置がわからなくなりますので、スペースが塞がるのを待たなければならないためです。

出来れば、バッグの取り出しと注入は同時にさせていただいた方が良いでしょう。

関連キーワード

無料ドクターメール相談
上記に関連するお悩み
コンデンスリッチ豊胸(193) Q 9年前にシリコンを入れ拘縮で硬さと歪みがひどいです

Q シリコンを入れた2ヵ月後でも抜去とコンデンスリッチ豊胸を受けられますか?

Q 10年前にシリコンを入れましたが右胸は破損し左胸は変形しています
お悩み相談集メニュー
お悩みと症状お悩みと症状
放っておく事のリスク放っておく事のリスク
7つの解決法比較7つの解決法比較

検索回数の多いキーワード

バッグ 福岡 ドレーン+抜去 コンデンスリッチ 皮膜+被膜 抜+画像 脂肪 乳がん検診 大阪

お問い合せ


新治療の相談窓口

このページのトップへ



シリコンバッグ

豊胸シリコントラブル110番 無料解決PROJECT開始!

ヒアルロン酸豊胸トラブルでお悩みの方へ

シリコンバッグの不安を解消 豊胸バッグ&乳腺のエコー検診

アクアフィリング(アクアリフト)豊胸 その真実をご存知ですか?

シリコンバッグ | 豊胸 | シリコンバッグ抜去

Copyright © 2017
豊胸シリコンバッグ20のトラブル徹底解析
THE CLINIC All Rights Reserved.