シリコンバッグのトラブル【徹底解説】

シリコンバッグ豊胸20のトラブル>シリコンバッグ豊胸Q&A>コンデンスリッチ豊胸>バッグ抜去後に期間をおくのと即日注入とどちらが良い方法ですか?

お悩み相談集

Q バッグ抜去後に期間をおくのと即日注入とどちらが良い方法ですか?

2014.01.08


※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

相談

生食バックの取り出しとコンデンスリッチ豊胸を考えています。

バック抜去後、一定期間(2か月)おいてから脂肪を注入したほうが仕上がりが綺麗と他院で言われましたが、即日注入とどちらが良い方法でしょうか?

回答

確かに、以前は一定期間おいてから注入するという考えが一般的でした。バックを抜去した空洞内(カプセル)に脂肪をいれても血流がないため定着しないばかりか、しこりの原因になってしまうからです。

しかし、現在は医学の進歩(コンデンスリッチ豊胸や注入技術の向上)と共に、その方法も変わりました。つまり、今では取り出しと同時に注入をするようにしています。

術中にカプセルを確認しながらその周囲に注入することにより、より確実にカプセル内に脂肪注入することを避ける事が出来るため、より安全・効果的に脂肪注入が出来るからです。(もちろん手術には高度な技術が必要になり、取り出しも最小限の傷で行わなければなりません。)

中途半端に期間をあけてしまうと、どこに脂肪を注入しているのかわからなくなってしまいますので、かえってしこりなどのリスクが高まってしまいます。

そのため、他院ですでにバックを取り出した後の相談でない限り、皆さんにはバック取り出しとコンデンスリッチ豊胸を同時に行うようにして頂いています。

関連キーワード

無料ドクターメール相談
上記に関連するお悩み
コンデンスリッチ豊胸(190) Q シリコンを抜去する際の傷口はどこになりますか?

Q パーテスセンシティブバッグを入れてゴムボールの様に硬いです

Q CMCが入っていますが子どもが小さい内に抜去してしまいたいです
お悩み相談集メニュー
お悩みと症状お悩みと症状
放っておく事のリスク放っておく事のリスク
7つの解決法比較7つの解決法比較

検索回数の多いキーワード

空洞 福岡 心臓 大胸筋下 抜去 乳がん検診 大阪 右胸 デコルテ

お問い合せ


新治療の相談窓口

このページのトップへ



シリコンバッグ

豊胸シリコントラブル110番 無料解決PROJECT開始!

ヒアルロン酸豊胸トラブルでお悩みの方へ

シリコンバッグの不安を解消 豊胸バッグ&乳腺のエコー検診

アクアフィリング(アクアリフト)豊胸 その真実をご存知ですか?

シリコンバッグ | 豊胸 | シリコンバッグ抜去

Copyright © 2017
豊胸シリコンバッグ20のトラブル徹底解析
THE CLINIC All Rights Reserved.