シリコンバッグのトラブル【徹底解説】

シリコンバッグ豊胸20のトラブル>シリコンバッグ豊胸Q&A>手術法によるリスク> シリコンバッグ抜去と同日に脂肪注入すると生着しないとありました

お悩み相談集

Q シリコンバッグ抜去と同日に脂肪注入すると生着しないとありました

2011.05.27


※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

相談

某美容形成外科の先生が『バッグを除去して、すぐに脂肪幹細胞は移植出来ません。バッグを除去した空洞内に移植しても脂肪は生着しないからです。』と言っていましたが、バッグ除去と移植を同時に希望したいと考えていますがどうなのでしょうか。不安です。

回答

たしかに、私も以前はそのように考えていました。バッグを除去した空洞内に脂肪を入れても、血流がありませんので生着しないためです。

現在は、バッグを除去した空洞に脂肪を入れないために、同時施術で確認しながら入れるという方法で行っています。中途半端に時間を置いて注入すると、どこに入れたか分からなくなりますので、かえってリスクを増すことにもなります。もし、時間を置いて入れる場合は、少なくとも3ヵ月は待たなければなりません。

関連キーワード

無料ドクターメール相談
上記に関連するお悩み
手術法によるリスク(47) Q 1週間前にバッグの入替を行ったのですが大きすぎて違和感があります

Q バッグ挿入時の傷跡修正も脂肪入替時に同時に出来ますか?

Q バッグが入っていますが授乳に悪影響はないですか?
お悩み相談集メニュー
お悩みと症状お悩みと症状
放っておく事のリスク放っておく事のリスク
7つの解決法比較7つの解決法比較

検索回数の多いキーワード

コンデンスリッチ 大阪 福岡 脂肪 右胸の下 ザ・クリニック 圧迫感 手術 除去+痛み シリコン

お問い合せ


新治療の相談窓口

このページのトップへ



シリコンバッグ

豊胸シリコントラブル110番 無料解決PROJECT開始!

ヒアルロン酸豊胸トラブルでお悩みの方へ

シリコンバッグの不安を解消 豊胸バッグ&乳腺のエコー検診

アクアフィリング(アクアリフト)豊胸 その真実をご存知ですか?

シリコンバッグ | 豊胸 | シリコンバッグ抜去

Copyright © 2017
豊胸シリコンバッグ20のトラブル徹底解析
THE CLINIC All Rights Reserved.