シリコンバッグのトラブル【徹底解説】

シリコンバッグ豊胸20のトラブル>シリコンバッグ豊胸Q&A>硬い(カプセル拘縮)>バッグを入れて7年、ひと月前から痛みや赤みが出てきました

お悩み相談集

Q バッグを入れて7年、ひと月前から痛みや赤みが出てきました

2013.03.23


※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

相談

7年前、他院でバイオセルバッグによる豊胸をしました。

それ以後何事も無く過ごして参りましたが、ひと月前から右胸に直径3センチ程の赤み(かゆみ)が出来、それと同時に乳首の周りがちくちくしたりひりひりしたり、あるいは乳房の内側から湧き上がるようなムクムク感がしたり、前かがみなった時や右腕を上下に動かしたときなど乳房全体が痛むようになったのです。

施術したクリニックで診察した結果、当初は外部的なものだろう(虫刺されとか無意識にひっかいた傷とか)でしたが、ドクターが一番気になるのは、赤みの現れた皮膚がつるんと剥けた事だと仰ったのです。バッグの角が何らかの異常で内部から皮膚をつついてそういう状態になることがある、というのです。そろそろこれらの症状が現れてひと月になりますが、ここ数日は痛みが急速に軽減してきています。

ドクターはもうしばらく様子見をみていて大丈夫だろうとのことですが、バックの除去を考えたほうが「よいでしょうか?

回答

確かに心配ですね。

経過だけを聞けばカプセル拘縮(スペースが狭くなる)によってバッグがひずみ、それに伴って、バッグが皮膚や皮下組織を圧迫、そして炎症を起こした経過のように思えます。もちろんバッグの破損等も否定はできません。

少なくとも今改善傾向であればものすごく急ぐ(日単位)必要は無いと思います。

ただ、再度炎症(赤みや痛み等)起こすようであれば、早めにバッグを抜く必要があります。

このまま落ち着いた場合で、硬さ等にも問題が無ければ、そのまま見ても良いと思いますが、以前より硬くなっていたりするならば、(一般的に言えば)いつか取り出しをした方が良いでしょう。

なお、バッグを取り出すと、ほとんどの場合、術前よりも胸が小さくなりますので、そのショックは大きい様です、こういった場合、コンデンスリッチ豊胸という(自分の脂肪を用いる)優れた方法で、バッグの抜去と同時に自然で柔らかい状態にできます。

関連キーワード

無料ドクターメール相談
上記に関連するお悩み
硬い(カプセル拘縮)(120) Q シリコン除去と脂肪注入を考えて美容外科を探しています

Q 生理食塩水のバッグを20年前に入れました

Q 10年前にシリコンを入れ右胸はボールの様に硬くなっています
バッグの破損(65) Q 3年前にバッグを入れましたが2週間前から片側に熱、腫れがあります

Q 7年前にバッグを入れ出産授乳をしてから片側だけが小さくなりました

Q 術後1週間でボールを入れたように硬くなってきました
挿入年数によるリスク(222) Q シリコンを抜いて脂肪にしたいですが大きさを変えたくありません

Q 40年前に入れたシリコンを取り出したいです

Q 乳輪からシリコンを入れましたが取り出すのは同じ部分からですか?
抜去のみ(102) Q 40年前にシリコンを入れ今年に入って違和感を感じる様になりました

Q 生理食塩水バッグが入っていてリウマチと診断されたのですが関係ありますか?

Q シリコンを1ヵ月前に抜去して不自然な胸になりました
お悩み相談集メニュー
お悩みと症状お悩みと症状
放っておく事のリスク放っておく事のリスク
7つの解決法比較7つの解決法比較

検索回数の多いキーワード

空洞 福岡 心臓 大胸筋下 抜去 乳がん検診 大阪 右胸 デコルテ

お問い合せ


新治療の相談窓口

このページのトップへ



シリコンバッグ

豊胸シリコントラブル110番 無料解決PROJECT開始!

ヒアルロン酸豊胸トラブルでお悩みの方へ

シリコンバッグの不安を解消 豊胸バッグ&乳腺のエコー検診

アクアフィリング(アクアリフト)豊胸 その真実をご存知ですか?

シリコンバッグ | 豊胸 | シリコンバッグ抜去

Copyright © 2017
豊胸シリコンバッグ20のトラブル徹底解析
THE CLINIC All Rights Reserved.