シリコンバッグのトラブル【徹底解説】

シリコンバッグ豊胸20のトラブル>シリコンバッグ豊胸Q&A>挿入年数によるリスク>CMCバッグの安全性は実際どうなのでしょうか?

お悩み相談集

Q CMCバッグの安全性は実際どうなのでしょうか?

2013.01.23


※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

相談

9年前にCMCシリコンを挿入して今もそのままなのですが、最近ネットで見たらCMCは安全性に欠けていて現在は使用されていないという説明が書いてあり、私は長い間入ったままだけど大丈夫なのかな?と不安になってしまいました。

コンデンスリッチ豊胸をして異物のない自然な体にしたいなという気持ちもありますが、再び手術をするという体への負担、そしてもし失敗して(しこりができたり吸引部に不具合が起こったりして)今より悪い状態になってしまったら?ということを考えると、今のままの方が無難かなという気持ちもあります。(8年前から触るとわかる感じなので現在も満足はしていませんが)

CMCの安全性は実際どうなのでしょうか? コンデンスリッチをして今より悪い状態になってしまう可能性はほんの少しでもあるのでしょうか?

回答

CMCバッグは、Carboxy MethylCellulose(カルボキシメチルセルロース)の略で、生理食塩水、CMC、メチレンブルーの混合物質からなるハイドロジェルです。

ご質問のように、安全性に関する充分なデータが不足しているという見解から、現在は日本をはじめ、フランスやイギリスでも販売が中止されております。

質問の内容から、CMCバッグによるカプセル拘縮を起こしている可能性が高いと思います。

状態を見てみないと確実なことは言えませんが、このまま放置すると、痛みや石灰化を起こす可能性もあり、なるべく早期に抜去する必要があると思います。

(当クリニックではエコー検査でバッグの状態を診断しています。)

コンデンスリッチ豊胸は、ご自身の脂肪を用いた最新の豊胸術で、脂肪注入は定着が高く、しこりなどの合併症が極端に少ない方法ですので、ご安心下さい。

その自分の脂肪を吸引(採取)する方法も、ベイザーという脂肪吸引最高峰の方法で行う事により、仕上がりが綺麗なだけでなく、回復も早いのが魅力です。

当院は経験を積んだ術者が行うので心配ありません。

通常当院では、コンデンスリッチ豊胸はバッグ抜去と同時に行っています。

コンデンスリッチ豊胸により、今より悪い状況になることはなく、自然な状態になります。

関連キーワード

無料ドクターメール相談
上記に関連するお悩み
挿入年数によるリスク(226) Q シリコン抜去とCRF豊胸を検討していますが失敗が怖いです

Q 生理食塩水バッグを入れた為乳がん検診を受けれずにいます

Q シリコンを入れたせいか肩凝りがひどく抜去を考えています
種類によるリスク(61) Q シリコンが入っていてちくちく痛みがあるのとペコペコしています

Q 8年前に入れたコヒーシブシリコンを入れ替えたいです

Q シリコンが入っていますが放射線治療は受けれますか?
お悩み相談集メニュー
お悩みと症状お悩みと症状
放っておく事のリスク放っておく事のリスク
7つの解決法比較7つの解決法比較

検索回数の多いキーワード

バッグ 福岡 ドレーン+抜去 コンデンスリッチ 皮膜+被膜 抜+画像 脂肪 乳がん検診 大阪

お問い合せ


新治療の相談窓口

このページのトップへ



シリコンバッグ

豊胸シリコントラブル110番 無料解決PROJECT開始!

ヒアルロン酸豊胸トラブルでお悩みの方へ

シリコンバッグの不安を解消 豊胸バッグ&乳腺のエコー検診

アクアフィリング(アクアリフト)豊胸 その真実をご存知ですか?

シリコンバッグ | 豊胸 | シリコンバッグ抜去

Copyright © 2017
豊胸シリコンバッグ20のトラブル徹底解析
THE CLINIC All Rights Reserved.