シリコンバッグのトラブル【徹底解説】

シリコンバッグ豊胸20のトラブル>シリコンバッグ豊胸Q&A>カプセル拘縮>5年前にシリコンを入れたのですが今年になって痛みを感じる様になりました

お悩み相談集

Q 5年前にシリコンを入れたのですが今年になって痛みを感じる様になりました

2012.05.04


※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

相談

5年前にシリコンバックを入れました。

今年に入ってから、左胸がチクチク痛みます。

気にしていなければ気づかない位なんですが、炎症が起きてるのか、病気なのか分からずとても不安です。

病院に行こうかとも思いましたが、レントゲンでうつってしまうのが怖くて行っていません。

やはりシリコンは長く入れておかない方がいいのでしょうか?

でも小さく戻ってしまうのも嫌なので、悩んでいます。

回答

シリコンバッグによる豊胸の合併症としてカプセル拘縮があります。

これは、生体の反応として異物であるシリコンバッグの周りにカプセルを作り、乳房が硬くなったり痛みを引き起こす症状です。

痛みを感じているので、カプセル拘縮の状態と思われます。放置すると痛みがひどくなったり、炎症を起こす可能性もあります。

また、乳腺症や乳腺炎なども否定できないため、専門的な診察を受けたほうが良いと思います。

当クリニックでは、乳腺専門医によるエコー検査で、バッグの状態、乳腺自体の診断も可能です。

カプセル拘縮であれば、改善する可能性はなく、早めの抜去が望ましいです。

しかし、バッグを抜去すると乳房の大きさも以前より小さくなるため、抜去と同時にご自身の脂肪を乳房に注入する最新のコンデンスリッチ豊胸を行うことをお勧めします。当クリニックはコンデンスリッチ豊胸の手術数は日本一で、安心して手術を受けていただいています。

関連キーワード

無料ドクターメール相談
上記に関連するお悩み
カプセル拘縮(56) Q バイオセルバッグ豊胸後の痛みや触感で抜去を考えています

Q 食塩水バッグを8年前に入れ、ペコペコして形もおかしくなっています

Q 生理食塩水バッグ挿入後、熱が出ました!
X線撮影でバレる(15) Q 昔受けた豊胸バッグのせいで乳がん検診も健康診断も行けず将来が不安でなりません

Q 抜去後のレントゲン撮影で豊胸していたことはバレませんか?

Q 高脂血症でも手術は受けられますか?
お悩み相談集メニュー
お悩みと症状お悩みと症状
放っておく事のリスク放っておく事のリスク
7つの解決法比較7つの解決法比較

検索回数の多いキーワード

手術 脂肪吸引+内出血 脂肪注入+定着 息苦 生理食塩水 ます 脇+痛み ザ・クリニック 福岡 乳がん検診

お問い合せ


新治療の相談窓口

このページのトップへ



シリコンバッグ

豊胸シリコントラブル110番 無料解決PROJECT開始!

ヒアルロン酸豊胸トラブルでお悩みの方へ

シリコンバッグの不安を解消 豊胸バッグ&乳腺のエコー検診

アクアフィリング(アクアリフト)豊胸 その真実をご存知ですか?

シリコンバッグ | 豊胸 | シリコンバッグ抜去

Copyright © 2017
豊胸シリコンバッグ20のトラブル徹底解析
THE CLINIC All Rights Reserved.