シリコンバッグのトラブル【徹底解説】

シリコンバッグ豊胸20のトラブル>シリコンバッグ豊胸Q&A>カプセル拘縮>5〜6年前にシリコンを入れて痛み、変形、腕の挙げづらさに悩んでいます

お悩み相談集

Q 5〜6年前にシリコンを入れて痛み、変形、腕の挙げづらさに悩んでいます

2011.11.30


※相談当時の内容のまま掲載しておりますので、サービスや料金については現在のものと異なる場合があります。詳しくはお問合せください。

相談

5〜6前に豊胸手術を他院でしました・・・。

術後3ヵ月くらいで右側だけ痛みと硬くなったりと違和感がでてきました。直ぐに相談したのですが、親身に対応してもらえなく除去を悩みながら何年も過ごしてきました。

未だに痛み、変形、腕の上げずらさに悩んでます。そろそろ、除去をと思っていますが産後の貧弱な胸以下になることもなやんでます。

回答

カプセル拘縮(バッグの周りの自分の被膜が厚くなり、バッグの入っているスペースが小さくなる)と呼ばれる状態になっています。特に右側はかなり強いと考えます。よって硬さや、変形、そして痛み等の症状がでます。そういった場合はシリコンを抜去して、脂肪注入を行うのがベストです。硬さや変形の原因であるバッグを除去しますのでとても自然で柔らかくなります。ただ、従来の脂肪注入法では、ほとんど吸収され満足度がとても低かったのですが、医学の進歩とともに脂肪の定着率がとても高くなり、とても喜ばれる手術になっています。その最先端がコンデンスリッチ豊胸です。また、以前はバッグの抜去と脂肪注入は同時にできなかったのですが、今は医療技術の進歩(コンデンスリッチ豊胸)と手術手技の向上(十分な経験)により、同日の手術が可能です。よってバッグを抜いて胸が小さな時期が無いため、(バッグを取り出と、バッグで自分の組織が圧迫されて薄くなっていますので、術前よりも小さくなります)ストレスがぐっと減り、皆様からとても喜んでいただいています。

関連キーワード

無料ドクターメール相談
上記に関連するお悩み
カプセル拘縮(56) Q コヒーシブシリコンを入れて右胸がボコボコしています

Q 香川県在住、バッグを取り出して脂肪を入れた場合翌日から運転できますか?

Q 片側だけシリコンが入っていますが入れ替えは出来ますか?
変位・左右差(49) Q CT検査を受けたら破損はしていませんでしたが最近痛みや違和感を感じます

Q 8年前にバッグを入れ右が破損した感じがします

Q 胸下の皮膚が癒着して変形。治りますか?
挿入年数によるリスク(226) Q 10年前にシリコンを入れましたが右胸は破損し左胸は変形しています

Q シリコン除去と脂肪注入を考えて美容外科を探しています

Q 10年前にシリコンを入れ右胸はボールの様に硬くなっています
お悩み相談集メニュー
お悩みと症状お悩みと症状
放っておく事のリスク放っておく事のリスク
7つの解決法比較7つの解決法比較

検索回数の多いキーワード

ます 癒着+痛み 大阪 手術 コンデンスリッチ 石灰化+レントゲン シリコン 赤み 乳がん検診 生理食塩水

お問い合せ


新治療の相談窓口

このページのトップへ



シリコンバッグ

豊胸シリコントラブル110番 無料解決PROJECT開始!

ヒアルロン酸豊胸トラブルでお悩みの方へ

シリコンバッグの不安を解消 豊胸バッグ&乳腺のエコー検診

アクアフィリング(アクアリフト)豊胸 その真実をご存知ですか?

シリコンバッグ | 豊胸 | シリコンバッグ抜去

Copyright © 2017
豊胸シリコンバッグ20のトラブル徹底解析
THE CLINIC All Rights Reserved.